学生ローンで有名なマルイの評判はどうなのか

マルイは高田馬場にオフィスを構え、学生ローンに特化した融資を行っている企業です。

お金がなくて困っている学生が必要時の資金調達に学生ローンを活用することは時々ありますが、マルイを利用している人からの評判はどうなっているのでしょうか。マルイの融資の基本スペックも確認した上で、利用価値が高いかどうかを判断しましょう。

マルイの基本的な貸付条件とは

マルイで行っている学生ローンは学生向けに用意されている少額融資というのが基本です。貸付条件は他の消費者金融の融資に比べて特別に有利になっているというわけではないですが、学生が借りやすいように配慮されている部分もあります。

基本スペックを確認しておくと利用者の評判も理解しやすいので、まずはどんな条件で借りられるのかを整理しておきましょう。まず、融資対象になっているのは安定した収入のある学生というのが原則で、それ以外にもマルイの基準を満たした人の場合には借りられます。

法律によって収入のない人にはお金を業として貸すことはできないと定められているため、アルバイトでも構わないので収入がある人だけが対象になります。全く収入がなくて親元で生活している学生の場合には該当しないので注意しましょう。

マルイの学生ローンは少額融資で、融資金額の幅は1万円から50万円となっています。大きな買い物をするにはやや不足する可能性はありますが、学生の収入を考えて返済が可能な範囲に上限が引き下げられているとも考えられるでしょう。

融資年率も実質年率が15.0%から17.0%で決して他のローン商品と比べて低いというわけではないですが、少額融資の割には低めの水準になっています。基本的には一時的にお金を工面するためのもので、間に合わせたらすぐに返すという考え方で利用するものと言えるでしょう。

返済については1回から36回までに対応しています。契約満了日と最終の約定日が一致しない場合には37回になる場合もありますが、選択する時点では36回、3年間にまで分割が可能です。

大学生が3年生で36回に分けて借りると在学中に返済しきれないことになります。その際にもマルイの学生ローンでは卒業してから返済を続けられる仕組みになっています。卒業して就職すれば返済は楽になると考えて長期的なローンを組むこともできるのです。

返済は全国の銀行やコンビニのATMから振り込むことも、店頭に持参することも可能です。申し込みに際して担保や保証人が原則としていらないのもマルイの学生ローンの優れている点でしょう。身分証明書があれば借りられる仕組みになっていますが、学生証を身分証明書として認めてくれるのも特徴です。

金融機関によっては運転免許証や健康保険証などを用意しなければならないことも多いからです。マルイでも免許証などを用意すると融資条件をより良くする検討をすると明示しているので、公的に使用可能な身分証明書を持参するに越したことはありませんが、持っていない人も気軽にローンを組めるでしょう。

借りる流れも確認しておこう

マルイの学生ローンを利用する際の流れも評判に影響する部分なので確認しておきましょう。マルイの学生ローンに申し込む方法はホームページ、電話、来店の三種類から選ぶことができます。ホームページの場合には24時間いつでも受け付けていて、土日祝日でも申し込めます。

同意事項を確認して申し込みフォームに入力して送信するだけの簡単な手続きです。電話の場合にはフリーダイヤルに電話するだけで申し込みが可能で、氏名や住所などの個人情報を電話で伝えることになります。来店で申し込みをする場合には身分証明書を持って行き、その場で申込書に記入すれば良いだけです。

このような形で申し込みをするとマルイ側が融資の検討を行い、融資可能となった場合には契約内容の詳細を説明してもらえます。そして、その内容に納得したら店頭でお金を受け取るか、銀行口座に振り込んでもらえるという形で借りることができます。

良い評判をまずは聞いてみよう

マルイの学生ローンに関する良い評判として代表的なのが、親に知られずに必要なお金を工面できたというものです。

仕送りをもらっていても使い過ぎてしまって生活費に困る場合や、サークル活動の費用を工面できなかったりする場合があります。その際に親を連帯保証人にする必要もなく、親の承諾も得ずに借りられるのが魅力となっています。

また、使い道も自由なので、上手な使い方をして喜びの声を上げている人もいます。免許の取得のために教習費用を調達する手段として使ったり、就活を前にしてスーツやカバンなどを揃えるのに使用したり、原付などを購入したりしているのが典型例です。

この他にも、申し込んでからすぐに融資を受けられたことや、他社でも借り入れているのにさらにローンを組めたことに感謝している人もいます。

不平不満にはどんなものがあるのか

マルイの学生ローンを利用して不満を感じた人もいるので注意しましょう。収入がないから断られてしまったというのがよくあるパターンですが、これは法律に従うとできない融資なので諦めざるを得ません。また、追加融資を頼もうとしたら断られたというケースもあります。

上限額が50万円で、まだ10万円しか借りてないからもう少し借りられるはずだと相談してみたとしましょう。その申し込みに応じてくれる場合もありますが、断られてしまう人もいるのです。収入金額から考えて返済が難しいと判断されたら断られてしまうのは確かです。

法律上も年収に対して三分の一までしか貸せないと定められています。あまり収入がない人は借りるのが難しい場合もあると認識しておきましょう。

学生ローンなら安全性が高いって本当?

店頭での借りやすさには賛否両論

店頭でもマルイの学生ローンを申し込むことができます。この評判は賛否両論で、借りやすいかどうかは自分なりに考える必要があるでしょう。良い評判としては通学途中で寄れる高田馬場にあるので気軽に借りたり返済したりできたというものがあります。

しかし、契約内容の説明を受けに行こうとしたときに友人に姿を見られてしまって困ったというケースもあるのです。他の人に知られずに借りたいと考える人にとっては高田馬場の駅近くという立地はかえって良くないとも言えます。

その場ですぐに審査を受けて借りたいと考えたら店頭での手続きは魅力的ですが、他の人に見られるのをどう考えるかによって店頭申し込みをするかどうかはよく考えなければならないでしょう。