学生ローンなら安全性が高いって本当?

学生でもお金を借入できる学生ローンをご存知でしょうか。

学生ローンは学生を対象に融資を行ってくれる消費者金融のことなのですが、他の消費者金融との大きな違いは親の了承が必要ないという点です。

返済能力があれば借入できるので、安易に考えて借入してしまう学生が多いのが特徴です。学生ローンを取り扱っている消費者金融から借入するのと、大手消費者金融から借入をするのではどちらが安全性が高いと言えるのでしょうか。

そもそも学生ローンって何?

学生ローンというのは、学生を対象にした消費者金融が取り扱っているサービスです。学生でもアルバイトなどで安定的な収入があれば、親の承諾なく借入することが可能なのです。親にお金を借りることができないという人やお金が必要な理由を伝えたくないという人などに人気があります。

ただし、学生と付いているとはいえ借入したお金は自分の力で返済しなくてはいけません。利用する前には、返済プランを立てることが大切で、返済できない可能性があるのであれば手を付けるべきではないのです。大手消費者金融でも18歳以上で安定的な収入が見込める場合には借入することが可能なのですが、親の承諾や保証人が必要となることも多いのが特徴です。

総量規制の対象となるのは学生も同じ

消費者金融での借入は、総量規制という賃金業法に基づいて借入できる金額が決まっています。総量規制というのは、年収の3分の1までの借入とする法律です。年収が100万円であれば借入できる額はおおよそ30万円までとなっているのです。

この法律は、学生ローンも対象になっているので、年収の3分の1以上の借入はできません。

ただし、学生ローンの場合は収入証明書などの提出が義務ではない為、収入を偽って借入している学生も少なくありません。

学生ローンでは利用目的が重要になる

学生ローンでは、何にお金を使うのかが審査で重要になります。ギャンブル目的での借入や交際費に割り当てるなど利用目的が不真面目なものですと、審査に通過することはできません。学生であることから、使用目的が教材や免許取得などの為となれば基本的に審査に落ちることはないと言えるのです。

何に使うのかと問われた時に、嘘をついてしまうのは心象を悪くしますが、バカ正直に答えてしまえばそれはそれで審査に通過するのは難しくなりますので、極端な嘘はつかないまでも当たり障りのない答えを用意しておくことが必要です。

学生ローンのメリットとデメリット

学生ローンの最大のメリットは親にバレないということでしょう。また審査が他の消費者金融と比べても通りやすいというメリットもあります。アルバイト先に在籍確認されることもありませんし、利用明細書などが郵送されてくることもありません。

迅速に処理してくれるので、送金も早いのが特徴です。ただし、学生ローンに関しては他の業者と比べても金利が高いというデメリットもあります。おおよそ15%~18%ぐらいの金利になることが多いので、銀行系カードローンと比較しても少々高めの設定です。

返済が滞ってしまった場合には自宅にその旨が記載された郵送物が届く可能性もありますし、何より限度額が低いのが特徴です。多くても50万円程度までしか借入できませんし、場所によっては10万までしか借入できないなんてことも珍しくありません。

大手消費者金融と比べて安全性は高いのか

お金を借りるとなれば、真っ先に思いつくのが大手消費者金融という人は少なくありません。学生の人にとってそこに手を出したら終わりという印象を持っている人も少なくないのです。しかし、大手消費者金融で借入をするのも学生ローンを利用するのも借金であるという点では同じです。

学生を対象にしているから安全性が高いと勘違いしている人も多いようですが、実は大手消費者金融での借入の方が得な場合も少なくありません。審査に関しては、学生ローンの方が緩いのは事実です。しかし、金利の面だけでも場所によっては14%での借入が可能になることもありますし、キャンペーンなどを利用すれば30日間無利息で利用できる場所もあります。

利用の仕方によっては大手消費者金融での借入の方が得になることもあるのです。安全性で言えば、学生ローンも大手消費者金融での借入も同じぐらいリスクはあると言えます。学生と名が付く為に、安全性が高いように感じているのであればそれは間違いです。

新宿でも学生ローンを借りられる!1981年創業のアイシーローン

学生ローンは借金をしている意識が薄くなる

学生と名が付くことによって、お金を借入している状態であっても軽く考えている人が少なくありません。どこで借入をしようが、借金をしているという事実は変わりませんし、返済の義務も発生しています。ですが、学生だからと安易に考えて返済を延滞したり、返済する気すらないという人も存在しているのです。

学生ローンであっても、返済が滞ってしまうとブラックリスト入りしてしまうことを意識しておきましょう。ブラックリストとは信用情報機関に名前が記録されることを意味し、これに記録されてしまうと、他の業者から借入ができなくなってしまったり、クレジットカードの作成ができなくなるなど様々なデメリットが生じます。

特にこれから社会人になった時に、車のローンや住宅ローンなどが組めなくなってしまうなんてことにもなりかねません。返済ができない状態が続いたら、結局親に頼らざるを得ないという人も少なくないのです。親に頼れない場合は自分で債務整理をするしかなくなってしまいます。

安易に借入した結果でそこまでの状態を招く可能性があることを、利用する前にしっかり理解しておく必要があります。

返済プランをしっかり立てておくことが大切

学生ローンは学生にとって利用しやすい消費者金融であることは間違いありませんが、使い方によっては自分の首を絞める結果になりかねません。その為、借入をする前に事前に返済プランを立てておくことが大切です。限度額が例え30万円だとしてもそれは借入できる限度額であり、そこまで借入しても問題ないものではありません。

30万円までが自分のお金という意識になりやすく、その範囲なら借りてもいいやとすら錯覚してしまう人がいるのですが、それは違います。お金は借りたら返さなくてはいけません。30万円を借りたら、それ以上のお金を返さなくてはいけないのです。

アルバイトの収入と照らし合わせて、返済できる可能な金額を導き出しておくということが大切になります。学生ローンだから延滞しても待ってくれるだろうなんて甘い考えは危険です。

借金であるという自覚をしっかり持っておきましょう。